読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなかった!~面白い法律~

法律ってかなりの数あって訳が分からないですよね~

もちろん1つ残らず知っている人なんてまずいないと思います。

ということは?知らないうちに法律を犯してるかもしれませんね・・・

でも今回は知っていて得する法律ではなくまず自分には関係ないだろうと思うレベルの法律をいくつか紹介しよう思います。

 

軽犯罪法第1条ー第4号
生計の途がないのに、働く能力がありながら職業に就く意思を有せず、且つ、一定の住居を持たない者でと諸方をうろついた者

→ホームレス?ニート?どんな人のことを指すのかははっきりわからないですけど、まあ働けってことですね(笑) 実際こんな法律で捕まった人なんているのでしょうか?w

 

軽犯罪法1条22号
乞食をし、または乞食をさせたもの

→乞食www これも実際捕まった人いないでしょうね(笑)

 

③街灯の下で蛾を捕まえてはならない(America Los Angeles)

→何のための法律なのかマジでよくわからないですwww 海外はよくわからないのが多いですね(笑)

 

ちなみに私もあったらいいのにと思うような法律を考えてみました。

①くじ引き保護法

→これはYou Tuberのヒカルさんの動画を見て思いました。単純に屋台などのくじ引きには一定以上の確率で「当たり」が入っていることを証明した上で警察の認可を受け承認したものをくじ販売時に客に見えるよう掲示しなければならない。っていう法律ですがどうでしょうか?私は基本当たらないとわかっているくじは引かないのですが、それでも引きたいチビッ子たちは本当にかわいそうなので是非とも作ってほしい法律です。

②車等運転手保護法

対人の事故を起こした場合、一般に大きい方が不利になるが、ドライブレコーダーや3人以上(同乗者+目撃者)の証拠、証言が存在する場合のみ運転手の刑が軽くなる又は責任を課せられない まあこれはいつも思うことなんですけど、人がいきなり飛び出してきて事故せざるを得なくなったとき大概車に非があり(前方不注意だとか)、運転手は悪くないのに罰せられている気がします。ですがこの時警察が指定した証拠があれば罰せられないという法律です。

少なからず歩行者、自転車にも非があると思うので運転者のみが責任を負うのは違う気がします。

 

法律は知っていて損するものではないです。

もしかしたら私が考えた法律は既に存在するもしくは似たようなものがあるのかもしれないですね(笑)